2017.03.10 Fri

【授業レポート】~FEEL THE SENSE~ フードスタイリストの「仕立て術」

Instagram

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 顔を刺すような冷たい空気が和らぎ始め、少しずつ春の訪れを感じるようになった2月の終わり。シブヤ大学の授業が「心地いい」をコンセプトにした複合商業ビル「cocoti shibuya」内のレストラン「GREEN GRILL渋谷店」で開催されました。テーマは『フードスタイリストの「仕立て術」』。講師は女性誌・広告制作物などで活躍中の料理家・フードスタイリスト竹中紘子さんです。食のスペシャリストを迎えた授業ですが、今回は「料理を作る」のではなく、作った料理に”仕立て”というエッセンスを加え、食事のひとときをより楽しいものへと変える方法を知るもの。講義を聴いた後には、料理をお皿に盛りつける実践を通してその術を学んでいきます。

 仕事帰りにも立ち寄りやすい19時から始まるこの授業。18時半に受け付けが始まると、色あでやかなコートを身にまとった20代〜30代の女性が次々と来場してきました。4人がけのテーブル席に座る受講者にこの授業を選んだ理由を尋ねると「1日3回の食事をもっと楽しむ方法を知りたい」と答える女性から、「食関係の仕事をしているのでプロの考えを知りたい」という男性までさまざま。出版社の広告営業と料理家・フードスタイリストの二足のわらじを履き、幅広い知見を得て独立した竹中さんならではの「食の視点」を楽しみにしているようです。

 授業が始まると、竹中さんは会場内の特設スクリーンに手がけてきた雑誌などの制作物を映し出しました。そしてこう話します。「あなたは誰の笑顔を考えて料理を作りお皿に盛りましたか」と。当たり前のようでいて、誰もが忘れてしまいがちな大切なことにハッとした受講者たちは、スクリーンに映される文字や画像をじっと見つめます。

P1010579 

たとえば竹中さんが手がけた女性ファッション誌の企画「夏のトマトレシピ」。読者にどのようなレシピを届けたら笑顔を生めるかの考えが順を追って説明されます。–ファッションなどへの感度が高い25歳前後が読者。インスタグラムで自分を表現する。おいしかった食べ物や食シーンをSNSで発信し、仲間とその楽しさを共有する–といった具合です。鮮やかな色合いで目を引く誌面には、そんな女性たちの笑顔を生むために「おいしく手軽に作れて、写真映えもする」という考えが隠され、写真や器などのスタイリング、レシピ内容に至るまで、それが反映されていたのです。その後も、手がけてきたさまざまな仕事を例に挙げつつ、笑顔を生むための考え方が示されていき、受講者はその考えを忘れまいと、ノートやスマホを駆使してメモをとっていました。「誰かの笑顔を生むためには自分が笑顔でいなければ、それを生むことはできません」と話しながら、自分を甘やかす術として、ヱビスビールの小瓶をうすはりグラスで飲むのが毎晩の楽しみ、と微笑む竹中さんの姿がとても印象的でした。 

 頭の中が「誰かの笑顔を生む」という考えに切り替わったところで「料理の仕立て術」の実践へと移ります。ここでは「GREEN GRILL渋谷店」がこの授業のために用意した、マグロとふろふき大根、旬を愛でる菜の花のソース、マグロと相性の良い醤油ベースのソースが使われ、盛り付け方法が示されました。「おもてなし、特別感を演出したいなら白い部分、余白を大切にしよう」、「ホッとしながら誰か一緒にと食べたいなら作り込みすぎない」、「わいわい食べたいなら大皿に持って取り分けにぎやかに」の3つです。同じ食材、ソースを使っているのに、食材の切り方、選ぶ器、盛り方の妙で、まったく別の料理のように見えるのだから不思議なもの。

P1010538

見本が示されたところで、各テーブルには同じ食材が用意され、いよいよ実践タイムです。

P1010544

「誰かの笑顔」を想像しているのでしょうか。真っ白なお皿をじっくりと見つめる受講者たち。会場内は一瞬、静寂に包み混まれます。しかし、その後は、まるで絵を描くように食材を盛り付けていき、受講者自ら撮った写真が、用意されたインスタグラムのページ「♯フードスタイリストの仕立て術」にアップされていきます。「菜の花が咲いているイメージ」「ミルフィーユ状に盛ってエレガントに」などなど、同じお皿はひとつとしてありません。”仕立て”が施されたお皿に一つひとつ目を配らせながら、最後に竹中さんはこう締めくくります。「自分のためでも、彼氏や友達のためでも、家族のためでも、誰でもいいんです。誰かを笑顔にすることを忘れずに、日々の食を楽しんでください」。 

 授業が終わった後に、懇親会があるのもこの講座のいいところ。食事を楽しみながら、受講者たちは、講座中に聞けなかったことを竹中さんに質問しています。懇親会もお開きとなった帰り際。受講者たちに授業の感想を聞くと、「今までは毎日作って食べるだけのルーティーンでしたね。でも、今日は+αの楽しみを知ることができたので、明日からの食事で実践していきます」、「どうやったら素敵に盛れるのか、写真映えがするのかをあれこれ考えてきましたが、うまく行かない理由がわかりました。その先にある笑顔が私には見えていなかったんですね」などの声が。この講座を受けることで、みなさん新しい発見があったようです。

 

今回の会場はココ!!

「GREEN GRILL渋谷店」

160915gg073

「野菜の力と大地の恵み」をコンセプトにしたイタリアン。全国の協力農家から仕入れる旬の野菜を主役に、肉や魚をあわせて野菜のおいしさを引き出した多彩なメニューが評判だ。充実した品揃えのbioワインと共に楽しみたい。

 

住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocotiビル3階

電話:03-3486-7280

営業時間:月〜金11:30〜15:30(15:00L.O.)、17:30〜23:00(22:00L.O.)、土11:30〜16:00(15:30L.O.)、17:00〜23:00(22:00L.O.)、日・祝11:30〜16:00(15:30L.O.)、17:00〜22:00(21:00L.O.)

定休日:不定休(ビル定休日に準ずる)

 

Shop Info

cocoti SHIBUYA

●住所 東京都渋谷区渋谷1-23-16
●営業時間 物販店 : 11:30 - 21:00
※店舗により異なります。各店舗ページにてご確認ください。 飲食店 : 11:30 -
※店舗により異なります。各店舗ページにてご確認ください。
●TEL cocoti 管理事務所 03-5774-0124
(受付時間 10:00-18:00)
●URL cocoti SHIBUYA official
cocoti渋谷マップ

1~5 6~10

ページ上部へ

キーワード検索、店舗検索、カテゴリー検索を利用することでスムーズに見たい記事へアクセスできます

記事一覧をスライドさせて読みたいカテゴリーに移動できます