2016.02.23 Tue

ワインとチョコレートのマッチングセミナー

Instagram

2月13日に行われたcocoti×RIEDELコラボレーションイベント第4弾「ワイン テイスティングセミナー」の模様をレポートします。

1756年創業のグラスメーカー「リーデル」と「cocoti」のコラボレーションイベント第4弾は、スイスの歴史あるチョコレートブランド「Lindt(リンツ)」を迎え、「カベルネ・ソーヴィニヨンとダークチョコレート」のマッチングを体感。
会場はcocoti SHIBUYA 3FにあるレストランGREEN GRILLです。

テイスティンググラスはリーデルのマシンメイド史上最高の「ヴェリタスシリーズ」のカベルネソーヴィニヨングラス。
軽さ、繊細さ、全てが素晴らしいです。

ワインは「Campo Marin Cabernet Sauvignon 2010」、スペイン産の赤ワイン。
少し熟成もみられるボルドースタイルの造りのワインに仕上がっていました。

まずは、ワインのテイスティングから。
グラスエデュケーターの庄司さんが、スワリングのやり方や効果、グラスに注ぐワインの量(今回使用したカベルネ・ソーヴィニヨンのグラスの場合、グラスの一番太いところから、2cmほど下が最も良い位置だそう)、容器によって変わる味の感じ方などを丁寧にレクチャーしてくれました。

続いてチョコレートと赤ワインのマッチングについて。
今回使用するチョコレートはプレミアムチョコレートブランド「リンツ」のカカオ70%のダークチョコレートです。

チョコレートを噛んだ瞬間に、カカオのフワッという香りを鼻の奥に感じ、チョコレートを噛むに連れて甘みと共に酸味も浮かび上がってきました。
更に舌の上で溶かすと段々ほろ苦さまで生まれてきます。

そして、舌の上に敷かれたチョコレートの味の上にワインを流しこみます。
すると、ワインの味わいにほろ苦さとワインの渋味が重なって、甘みを感じることが出来ました。これがワインとチョコレートのマッチングですね!

セミナーの最後には「グラスのお手入れ方法」ついての説明がありました。
重要なのは、グラスの持ち方。そして、「水で洗ったら、必ず水滴をふき取ること」だそうです。(詳しくはリーデルの公式サイトの「お手入れ方法」をご参照ください)

目から鱗な内容が多く、ワインとチョコレートの魅力に触れた今回のセミナー。
cocoti SHIBUYAでは今後も様々なイベントを企画していきますので、どうぞお楽しみに!

※今回の記事は「家ワイン」様よりご提供いただき、再編集しました。
さらに詳しいレポートを読みたい方は、「家ワイン」のウェブサイトへ!

Shop Info

cocoti SHIBUYA

●住所 東京都渋谷区渋谷1-23-16
●営業時間 物販店 : 11:30 - 21:00
※店舗により異なります。各店舗ページにてご確認ください。 飲食店 : 11:30 -
※店舗により異なります。各店舗ページにてご確認ください。
●TEL cocoti 管理事務所 03-5774-0124
(受付時間 10:00-18:00)
●URL cocoti SHIBUYA official
cocoti渋谷マップ

1~5 6~10

ページ上部へ

キーワード検索、店舗検索、カテゴリー検索を利用することでスムーズに見たい記事へアクセスできます

記事一覧をスライドさせて読みたいカテゴリーに移動できます